毎日走る社長のブログ 小山文彦(代表取締役)

走ることで解決力を高め、走ることで不安を解消し、走ることで自分に自信をつけたいと願う、ひよっこ社長のブログです。

2011年08月23日

Google Maps API界隈の利用規約

何かを利用する場合にはルールがある。ソフトウェアの場合、それがEURAとか利用規約などで明文化されていることが多い。世界中で絶大な人気を誇る、Google Maps APIについても、派生サービスが多いこともあり利用規約が複雑だ。何度調べても、何度聞いても、何度答えても、端から忘れていくので、少しメモしておく。あとは、このページの存在を忘れないようにしよう。

*Google Maps/Google Earth APIs Terms of Service
http://code.google.com/intl/en/apis/maps/terms.html
⇒無償版APIの利用規約

*FAQ
http://code.google.com/intl/en/apis/maps/faq.html
⇒無償版APIに付随するFAQ

*Google Maps API Premier Licence Agreement
http://support.google.com/enterprise/doc/gme/terms/maps_purchase_agreement.html
⇒Maps API Premierの利用規約

*Google Maps API Premier 販売価格
http://goga.jp/maps.html
⇒Maps API Premireの販売価格(とあるリセラーの事例)

*Android Maps APIs Terms of Service
http://code.google.com/intl/ja/android/add-ons/google-apis/maps-api-signup.html
⇒AndroidアプリでMapViewクラスの利用規約(およびキー発行)

*Google Maps Terms of Service
http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/iphone/terms.html
⇒iPhoneアプリでMapkit Frameworkの利用規約

*Google Maps Terms and Conditions
http://www.google.com/intl/en_ALL/help/terms_local.html
⇒APIではなくGoogleマップの利用規約

*Google 仕様規約
http://www.google.com/permissions/guidelines.html
http://www.google.co.jp/permissions/guidelines.html
⇒Googleブランドの第三者使用に関するガイドライン(英日)

思いついたのは以上。ブランドガイドラインだけは日本語表記例があるので参考にするとよいが、それ以外の利用規約は英語を見るのがよいと思う。以前は更新されないことがよくあったし、最近は英語のままコピペされていることが多いので。

posted by koyama at 17:22 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月21日

スパコン「京」に思う

理研と富士通の開発したスーパーコンピュータ「京」がSupercomputing TOP500で1位となったらしい。2位じゃダメなんですかで話題になったが、まさに意地を見せたところか。とはいえ、最近のスパコンは基本PCクラスターなので、汎用CPUをひたすら横に並べている状況であることも否定できない。もちろん、その他の要素もあるから、CPUやコアの数で決まる訳ではないけれど、正規分布になっていることは間違いない。実際、Amazon EC2で作られたPCクラスターさえ、ランキングに入っている。

こうなると、単に速いことが重要とはいいにくい。なぜなら、そのコンピュータを占有して計算させるようなプログラムやプロジェクトはおそらく存在しないだろうから。もし「京」を占有しようとすると、よほどの社会的意義または科学的意義、あるいはお金を積まないと難しいだろう。過去に1位または上位を占めた、地球シミュレータや東工大TSUBAMEなども、外部レンタルが実施されていて、その能力を余すことなく使っているというわけではなさそうだ。はたして「京」はどの程度の成果をもたらしてくれるだろうか。

では、速さ以外の指標としては何がよいだろう。やはり、経済的なライフサイクルコストや、環境負荷はそのひとつに挙げられるだろう。地球のスペースも有限なので、コンパクト性も重要かもしれない。それらを複合的に組み合わせ、総合評価するような指標があってもよいだろう。F1はその複雑で変更の多いレギュレーションでしばしばファンをがっかりさせるが、TOP500は「いくらお金をかけてもいいから、ひたすら速いものを」となっている。100m走と同じようで何か違う気もする。

なお、「京」が1位になったJune 2011のレポートは、TOP500サイトが落ちているために残念ながら今は見ることができない。このエントリに書いた「京」は、すべて「きょう」と入力して変換している。「けい」ではいつまでたっても出てこないからだ。最近のソーシャルIMEなら、みんなががんばったら、数日で上位の変換候補として出てくるのだろうか。

posted by koyama at 02:50 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月14日

第7回ジオメディアサミットと福岡

すでに7回となったジオメディアサミット、何となく半年に1回ペースに落ち着きつつあるものの、若干ずれぎみなので、7か月に1回ペースでしょうか。関さんと知り合って最初に新年会の準備をしたのは2007年なので、足掛け5年になりました。当初の儲からないジオメディアを盛り上げようという状況から、運営側もそれなりに人脈が広がり、仕事にも追われるようになってきたからか、参加者の募集も直前スタートという状況に。それでも300人が集まるのだから、本当によい会になったと思います。

一方で、運営者が運営に慣れて準備がおろそかになったり、これまでかなり運営を頼っていたシリウステクノロジーさんがヤフーさんの中にとけ込んだりで、新たな体制構築が求められているのも事実。古橋さんの計らいで、場所取りの問題はある程度悩まされずに済んでいるものの、今後の新たな展開のためには、活きのいい新スタッフの登場も求められているような気も。我こそはな方々は、ぜひ手を挙げてください。

そうそう、今度は福岡で8月に開催されます。2-3割はいつものメンバーで、東京から大移動だと思いますが、ぜひ九州各地の方の参加をお待ちしています! サイトもかっこいいよ。

・ジオメディアサミット
http://geomediasummit.jp/
・ジオメディアサミット福岡
http://fukuoka.geomediasummit.jp/
posted by koyama at 16:13 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月22日

MacBook Air x Windows 7

その後も経理PCを探してみたものの、現時点で完成度が高く納得のいくPCは、価格も含めてMacBook Airということになった。CPU性能はそれほどではないものの、SSDの快適さからくる体感速度は高性能コンピュータに引けを取らない。重さやスリムさを含めた使い良さは、実際に使ってみなければわからないだろう。唯一無二の完成度。MacBook Airでないならば、MacBook Airでないんです。

MacBook AirにはBoot Campという標準でWindowsをインストールできる機能がある。Windowsのインストールを支援するソフトウェアのBoot CampアシスタントではMac OS領域を消すことはできないため、Windows利用の場合に無駄な領域を残してしまう。MacBook Airの場合、SSDの快適さが売りのため、一方でディスク領域は限られている。ディスクユーティリティを使えばもっと自由にパーティションを変更できるが、全体をWindowsにするなら、普通にWindowsのインストールディスクで起動すればよい。

注意事項としては、WindowsにしてからだとWindowsサポートソフトウェアをダウンロードできないので、先にBoot CampアシスタントでWindowsサポートソフトウェアをダウンロードしておくこと。CD-R等に書き出したら、さらにUSBメモリなどにコピーしておくと後が楽かもしれない。インストール後にサポートソフトウェアを追加すれば、快適スリムなWindows PCができあがる・・・はず。Air "11の最安モデルのWEIは、4.3/4.9/4.9/5.9/7.2となった。

Macに馴染みがない人は、普通にWindows PCを・・・と思うかもしれない。Macは商品点数が少なく、世界的に売れているので、大量生産による価格の恩恵も受けやすい。そのなかでMacBook Airという完成度の高いコンピュータが登場した。いわゆる傑作だと思う。それでも不安な人も、安心して買ってよい。14日以内は返品できるから、はじめての人でも十分試すことができるだろう。

・ご利用ガイド - 返品・返金 - Apple Store (Japan)
http://store.apple.com/jp/help/returns_refund

P.S.
根こそぎWindowsにすると、なかなか調子が悪いようで、結局Boot Camp上にWindows 7ということになりました。12GBほどMac OSに取られてしまいますが、何かのときにこちらも使えるのでよしとします。なので、128GB版の利用をお勧めします。
posted by koyama at 04:00 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月18日

1000 English Speakers

TechWaveが主催する1000 English Speakersという面白いイベントがある。日本人を集めて、ここ数年盛況だったライトニングトーク的なプレゼンテーションを、英語でやってしまおうというものだ。1000というのは、発表者が1000人になるまで・・・という願いを込めたネーミングで、もともとは1000 Speakersという(英語ではない)技術プレゼンテーションの練習会のネーミングから引っ張ってきている。

今回が2回目なのか、3回目なのかがよくわからないが、まさに今参加している。1回目のトップバッターは、iPhone ARで一世を風靡したあのセカイカメラの井口さんだったし、そこで発表した笹田さんはwhere 2.0で、関さんはHack in Japanというイベントで、それぞれ海外デビューしている。この構想=イベントだけでなく海外に出れるプレゼンターを育てようという思いは湯川さんがTechWaveを始める頃から聞いていたが、ここ数年の勉強会ブームが、ワンステップ進んだようで非常に興味深い。

身近な人がこうしてがんばっているのを見ていて、自分でも・・・と思う気持ちが出てくるのでよい。次にチャンスがあったら、何を話していいのか今はわからないけれど、ぜひエントリーしてみたい。近いうちに海外のイベントで発表できて、少しでも反響があったら、そうとう楽しいだろうな。
posted by koyama at 19:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月11日

経理PC

先日から経理PCを探している。なくしたのではなく、そろそろ会社でもネットバンキングをまた使ってみようと思っている。なぜか日本の銀行のウェブサイトは、ウェブ標準から限りなく距離があって、以前の私は、Windowsの最新ベータ版を入れるたびに動作対象外にされていた。ようやく使えるようになったと思って戻しても、またバージョンアップで使えなくなることの繰り返しで、いよいよ使うのを諦めていた。

最近は業務環境が完全にMacになったので、経理専用にWindows PCを用意しようと思っていたのだけど、周りにあるネットブックやType P、古いレッツノートなどでは、普段使いのMacとパフォーマンスが違ってなかなか使い心地がよくない。MacBook AirにWindows 7を入れるのがいいかなーと思いながら、使わなそうなMacパーティションがもったいなく思えてしまう。でも、多少高くついても、十分なパフォーマンスに思える。同じ体感性能のWindows PCはいまでは倍くらいの値段がする気がする。気に入ったデザインの製品もとくにないし。

とにかく早々に環境をつくろう。さて、これで税理士さんに通帳のコピーを送る必要がなくなるかな。
posted by koyama at 18:47 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月20日

AR toolkit おさらい

Where 2.0 の2コマ目は AR toolkit のセッションへ。「Building an AR toolkit for iOS 4 Alasdair Allan (University of Exeter)」。ひたすらコードの紹介。コードはサイトで見るので、もう少しサンプルを見たかった。まあ、逆の人が多いのかな。

ARについては、これまで独自ライブラリで開発してきたけれど、AR toolkitにリリースできるiOS版が出たことでAR toolkitへの集約する方向も考えねば。iOS 4以上という制限はあるものの、Windows XPを使い続ける企業ユーザーでもあるまいし、ふつうのユーザーはアップデートしていることが前提でもいいかもしれない。日本の代理店は1社だけなんですね。

<ARTOOLWORKS>
http://www.artoolworks.com/
http://www.artoolworks.com/contact/resellers/

<日本代理店の価格>
http://www.msoft.co.jp/artoolkit/price.html
ARToolKit Professional \870,000〜(シングル)、\1,150,000〜(マルチ)
ARToolKit for iOS \290,000(無償配布、アプリ内課金なし)
ARToolKit for Android \290,000(無償配布、アプリ内課金なし)

※GPLv3を選べばもちろん無料。海外の代理店はどこも価格が見当たらなかった・・・。

posted by koyama at 03:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Where 2.0 開幕

サンタクララでジオ界隈で最大で、歴史のあるカンファレンスが始まった。Where 2.0。いつもオークニーの森さんや、Senchaの直鳥さんが参加していて羨ましかったやつ。ようやく今年は参加することができた。でも、年次の行事としては緊張感があっていいかも。

ちゃんと朝から参加して、ヤフーの村田さんやオークニーの森さんに会い、ジオメディアサミットさながらの面々にあいさつ。最初のセッションは朝9時から(早い!)で、Real-Time Geo by Raffi Krikorian (Twitter)。ツイートを可視化した地図が印象的だった。

??-1.JPG

※それにしても、AppleはiPhoneから送った写真.JPGをSafariからダウンロードしたら文字化けすることに、早く気づくべきだ。
posted by koyama at 01:17 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月12日

Google Crisis Response & Person Finder

Googleのパートナーとして、いつも身近に見ているが、今日は本当にクール。というかホット。すごくいい。

・Google Crisis Response
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

時間が経つごとにどんどん情報が増えている。中の人が頑張ってるんだな。リンク先が落ちる可能性があるので、App Engineにミラーしながら進めるともっといいかも。

・Person Finder
http://japan.person-finder.appspot.com/

地味なようで、結構助かると思う。現在7200件。これだけで安心する気持ちがあるし、検索ですぐ判断できるのがいい。自分のサイトに埋め込めるところもGoogleらしい。言語もどんどん増えていった。

さっそく会社のサイトに埋め込んでみた。
http://www.goga.co.jp/

こういうGoogleとずっと付き合っていきたい。
posted by koyama at 01:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月10日

iOS 4.3 でWi-Fi経由のインターネット共有が可能になったとか

iOSのバージョンアップが完了したので、MacBook Air '11 からBNRスピードテストで通信テストをしてみた。ぶれが大きいテストなので、それぞれ2回ずつ。

<Wi-Fi経由>
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/10 11:18:58
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 162.019kbps(0.162Mbps) 20.16kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 187.714kbps(0.187Mbps) 23.36kB/sec
推定転送速度: 187.714kbps(0.187Mbps) 23.36kB/sec

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/10 11:19:50
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 50.712kbps(0.05Mbps) 6.31kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 175.575kbps(0.175Mbps) 21.85kB/sec
推定転送速度: 175.575kbps(0.175Mbps) 21.85kB/sec

<Bluetooth経由>
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/10 11:25:10
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 182.782kbps(0.182Mbps) 22.67kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 183.695kbps(0.183Mbps) 22.94kB/sec
推定転送速度: 183.695kbps(0.183Mbps) 22.94kB/sec

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/10 11:26:00
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 158.828kbps(0.158Mbps) 19.83kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 187.721kbps(0.187Mbps) 23.36kB/sec
推定転送速度: 187.721kbps(0.187Mbps) 23.36kB/sec

<USB経由>
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/10 11:27:53
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 63.893kbps(0.063Mbps) 7.95kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 148.715kbps(0.148Mbps) 18.45kB/sec
推定転送速度: 148.715kbps(0.148Mbps) 18.45kB/sec

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2011/03/10 11:28:33
回線/ISP/地域: 
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 81.14kbps(0.081Mbps) 10.13kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 160.711kbps(0.16Mbps) 20kB/sec
推定転送速度: 160.711kbps(0.16Mbps) 20kB/sec

b-mobileでテストしたので、インターネット接続が遅く、接続方法による差は出ないかと思っていたのですが、意外にもUSBが若干遅かった。充電したいとき以外はUSB以外の方法がいいのかも。早くドコモからmicroSIMが出ないものか。

ソフトバンクから不完全なiPhone 4を買った人はかわいそうだなぁ。ちなみに、機能の名称もテザリングから、Macintoshと共通のインターネット共有になってるんですね。
posted by koyama at 11:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月11日

ドメイン取得

ドメインを取得するのは楽しい。いろいろ考えて、検索して、気に入ったドメインが空いていたらすぐに欲しくなってしまう。こういう衝動買いはあまりよくないものの、 gogo.gsのようにドメインから素晴らしいサービスに繋がる例もあるから、ダメ、絶対!とは否定できない・・・。

そんなわけで、みなさん楽しいドメイン取得ライフを送っていると思います。1年後に使わなくてがっかりしたり、数年たってまだ保有しているというおマヌケな問題も抱えているでしょう。ドメイン自体でアクセスのレスポンスが変わることはまずないし、どこの国でもいいじゃん、語呂がいいほうがいいじゃんとか、いろんな考えがあると思います。

一方で、ドメインにも高いものと安いものがあります。一時期話題になったTVドメインは、年間5万円以上が当たり前で、使う人はあんまり多くありません。その分、ほしいキーワードが見つかる可能性もとっても高い。じゃあ、世界でも最も高いドメインは何なのか。考え方によっては、世界で最も価値があるトップレベルドメインということもできます。

世界中のドメインを扱っている Gombei Domainの販売価格を見ると、naドメイン(ナミビア)が破格です。年間350,700円もかかります。com.naでは50,400円なので、トップレベルドメインを取る場合に高い価格を付けているようです。naって文字列自体は悪くないので、将来にわたってはいい判断かもしれません。ほかにも、kiドメイン(キリバス)は168,000円と高いです。そのうえに、WHOIS情報を変更するにも123,900円かかります。これは売れてたら儲かりそうですね。「〜ゆうがやき」とか話す高知のかたとか、昨年大量発生したエセ龍馬さんに向いています。

ということで、ドメインとりっぱなしはなしって話です。

・Gonbei Domain
http://www.gonbei.jp/
posted by koyama at 16:44 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月26日

Amazon x Diners

いよいよ待ちに待った・・・、Amazon.co.jpでダイナースカードが使えるようになりました。もしかすると前から使えていたのかもしれませんが、支払いカードのマークにダイナースが出るようになっています。

さっそくアカウントサービスから、クレジットカードの追加へ。おおお、クレジットカードの種類のプルダウンに出てこない。北米的にマスターカード扱いかと思い、マスターカードを選んで番号を入力してみたら、無事登録できました。これって以前からなんでしょうか。確かに、Amazonは北米の会社ですもんね。すでに注文済みで未発送の商品の支払い方法を変更してみたところ、無事処理は完了しました。これで無事届けば問題なしですね。

「北米ではダイナースはマスター」という、基本的なことを忘れていましたが、そのせいだったのでしょうか。いずれにしても、Amazon.comでも試してみます。ちなみに、Amazon.comとAmazon.co.ukのアカウントは共通です(豆知識)。はい、無事登録できました。ダイナースもっと頑張れ。
posted by koyama at 04:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月25日

Skype for Mac

Macintosh用のSkypeがベータ版ながらようやくアップデートされた。これまでは2.8系だったものが、一気に5系にバージョンアップ。Windowsに追いつかんとしているということだろうが、変更点は複数人でのビデオチャットだとか。テレコンをやる会社なら選択肢の一つになるのかもしれないが、いかんせんUIが劣化しすぎている。もしかすると設定でなんとかなるのかもしれないけれども、ウィンドウレイアウトが使いやすいとはいえない。ひととおり探したつもりだが、解決方法はわからなかった。

よって2.8系に戻すことにした。テキストメッセージがメインなので、これで十分。Office 2010のようにメインで使うアプリなら我慢できるけど、Skypeのような端っこでおとなしくしてほしいアプリには謙虚さが必要。今回は、アップデートして元に戻した最短記録かも。

ちなみに、米国ではSMSとかテキストメッセージのことを、単にテキストって呼ぶらしい。TechCrunchなんかでも、最近はそのまま訳しているから(=意訳しなくなったから)、日本でも一気に普及しそうな気がする。
posted by koyama at 12:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月22日

Bay Area

ベイエリアといえば、言わずと知れたサンフランシスコ湾周辺エリアで、サンフランシスコ半島やシリコンバレーを指す地域。世界のITの産業の中心地で、ここから発信された情報がインターネットを中心に即日日本に届いている。GoogleやApple、Intel、Facebookといった、ハードウェアおよびソフトウェアの覇者が数多く散在し、明日を狙うベンチャー企業も日々誕生している。

日本で起業してもベイエリアのようにやるのは難しいのは事実。どうしても日本マーケットだけで一度頭打ちしてしまう。かといって、米国から始めることは生やさしくない。生やさしくないものの、アンテナを張るためや、世界マーケットをにらむために、日本の企業も多く進出している。たとえ1人企業であっても、ベイエリアとの関わりは頭においておきたいもの。ということで、ベイエリアの基礎情報をまとめてみた。

bayarea.png

もっと詳しい情報を知りたい方は、CrunchBaseがおすすめ。日本企業もどんどん登録するとよいと思う。

・CrunchBase, The Free Tech Company Database
http://www.crunchbase.com/
posted by koyama at 19:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月14日

USBディスプレイアダプタ

以前からUSBディスプレイアダプタには期待せずにいたものの、省スペースと省コストの問題から、どうしても導入したい要望が出てきて、LogitecのLDE-WX015Uを試してみた。

今回接続したコンピュータは、現行のMac mini serverの標準モデル。もともと、HDMIとMini Display-portがあるから、3台目としての接続。接続した結果、あっさりと表示することができた。ただ、今回の条件には縦にしたいという要望があって、3台のディスプレイはまったく同じ機種で揃えているのに、LDE-WX015Uに接続したディスプレイのみ回転オプションが表示されない。他のディスプレイを外してみても、やっぱり回転オプションが出てこない。

困ってしまってサポートセンターに電話。女性の担当者だったが、できるだけ環境を近づけてテストしながら答えてくれるのには感激した。特殊な要件だけに、途中どちらがサポートセンターかわからない状況にもなったが、先方のMacBook Proでは動作するとのことで、回答は「機種による(ビデオカードによる)」というものだった。

こちらは同じ機種で出るディスプレイと出ないディスプレイがあるから、それはないだろうとMacBook Airでテストしたら、問題なく回転オプションが表示される。Mac mini serverもMacBook Airもグラフィック機能はGeforce 320Mで共通のはずなのに・・・。システムプロファイラで確認しても、グラフィックスの違いはROMリビジョンのところが、Mac mini serverが3546で、MacBook Airが3571なくらい。関係あるのだろうか。わかる方、教えてください。
posted by koyama at 16:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月07日

Mac App Store

これまでなかったのが不思議なくらいの、Mac App Store がオープンしました。一部ではCDキラーとも言われていますが、たしかにAppleのソフトウェアがオンラインで買えたら、リアルApple Storeでソフトウェアを買う人は激減するでしょうね。

一番気になっていたのは、Keynoteがいくらかということ。2300円でした。これで、iWorkを買う人が減るとおもうので、NumbersやPagesのユーザーは一時的に減ると思いますが、一方でこれらもなかなかのソフトウェアですから、 Officeから流れる人で結局のユーザーは増えるでしょうね。Google Appsも、Office版プラグインに続いて、iWork版プラグインを出すとよいでしょう。

これからいろいろストア内を徘徊してみます。もしかしてMac App Storeに辿りつけない人もいると思いますが、10.6.6にアップデートするとDockに出てきますので・・・。まずはソフトウェアアップデートしてみましょう。
posted by koyama at 14:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月01日

謹賀新年 2011

あけましておめでとうございます。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。あたたかいこたつで、おせち料理を食べながら新年を迎えているでしょうか。あるいは、昨日飲み過ぎて、まだ寝ているでしょうか。株式会社ゴーガは数えで6歳になりました。昨年はいろいろなことがありました。でも、なんとか不況にめどがたったのではないかなーと思いながら、新しい年を迎えています。

とはいえ、今年は年末の実感がぎりぎりまでありませんでした。新年を彩る、一部では日本のスーパーボウルとも言われる大イベント、箱根駅伝に一部関わることになり、大晦日の昨日も、元日の今日も、連日仕事となったからです。本番当日の明日、箱根駅伝速報マップというサイトが2日間だけオープンします。ぜひテレビ中継と一緒にお楽しみください。

・第87回箱根駅伝(ここから速報マップへリンクされます。)
http://www.ntv.co.jp/hakone/index.html
posted by koyama at 10:54 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月09日

RockMelt と Flock

Flockに期待していた人間の一人として、RockMeltとFlockについて記しておきたい。RockMeltはアンドリーセンが参画していることもあって、一気に期待が膨らんでいる。というか、話題が先行している。Chromeにエクステンションをつけただけのようなブラウザであるが、Flockのソーシャル機能よりも洗練されているのは間違いない。というか、Flockが出た頃は、まだFacebookがソーシャルアプリを始めたばかりで、No.1のソーシャルプラットフォームでもなかった。なので、同じソーシャルブラウザというカテゴリとはいえ、RockMeltがFacebookに集中して、Twitterもおまけで対応しているような状況であるのに対して、Flockは数多くのソーシャルプラットフォームやYouTube、Flickrなどの投稿共有サイトを一元管理するクライアントを目指していた。これをタイミングと言えばそうだけど、Flockの問題点はいろんな意味でFirefoxに依存していた点にあったと思う。

商用プロジェクトであったにも関わらず、開発の一定部分をオープンソースとしてボランティアに依存していた。Firefoxでは概ね機能していたものの、追加でFlockというのはなかなか社会から協力が得られにくかったと思う。さらに、英語圏マーケット以外を軽視していたのは明白だった。RockMeltでは、Chromeで翻訳済みのメニューはそのまま導入されて、独自の部分は英語のままという、評価が分かれると思うものの、わりと使いやすい状態でリリースされているのに対して、Flockは言語別にバイナリを作成するというFirefoxと同様の方法をとっていた。それも、メニューが完全に翻訳されなければリリースできない構造、しない立場のうえに、実際に完全に翻訳しても全然リリースしてくれないという運営の問題点があった。

残念なことに、ベースにした旧FirefoxがJavaScriptの実行が相対的に遅い部類となったこともあり、ベースプラットフォームを変更しなくてはならない事態になり、結果チャンスを失った。現在どの程度活動しているのかはわからないが、RockMeltが記事になる際にはっきりと「失敗」と書かれてしまうのは本当に悲しい。

これに比べて、RockMeltが最初から10億円の資金で動いているのは大きい。ブラウザのベースはChrominiumで実現されていて、エクステンション部分を開発して組み合わせて出すことと、マーケティングにこれだけの費用がかけられたら、かなりのことができるのではないかと思う。Facebook自体も自社ブラウザの動きがあるようだが、二社の競争により、間違いなくFacebookが今までより格段に使いやすくなるのだろう。フレンドも一気に増えていきそうな気がする。

Flockは群れという意味で、実際開発コードネームがすべて鳥類で、バージョンごとにアルファベット順に並んでいたのが懐かしい。RockMeltというのはどういう意味だろう。なんとなく溶岩を想像してしまうが、鳥の群れではなく、溶岩が流れてすべてを覆うような展開をしていけば、少なからず普及する可能性はある。ただ「あとインストール」はなかなか容易ではなく、ディストリビューション方法が鍵になるだろう。まずはアイコンを変えること、そしてChromeデザインから脱却すること、この2つが洗練されればチャンスはあると思う。

最後に余談だけれども、RockMeltが今回のリリース方法で、どのようにユーザーに瞬間的に伝搬していったかをちゃんと分析できれば、もしかするとFacebookのソーシャルグラフ以上の、広告データになるかもしれない。ま、それはFacebookも手に入れてるか・・・。

posted by koyama at 19:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2010年10月30日

テザリング

Wi-Fi専用のため、放置気味だったiPhone 4。talking SIMを調達して、ようやく携帯になりました。先日Pocket Wi-Fiをなくしてから、訪問先でのネット接続に困っていたのですが、これからはiPhone 4経由でテザリングが利用できます。回線もNTT DOC...で広いエリアが期待できそう。

SIMロックもどうかと思うけど、テザリングできないってどうなんだろう。帯域絞ってもいいから、端末ごとに何回線も契約しなくちゃいけない状況はどうにかしてほしい。電話番号もそろそろ面倒だし、電話って転換期に来ている気がします。
posted by koyama at 00:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月29日

Google Enterprise 授賞式

昨日 Google Enterprise Day 2010 が終わり、今日はパートナーアワードの授賞式に来ています。今年は9名の方が受賞されました。以下のとおり。

<セールス>
ベイテックシステムズ かつたにさん
電算システム あいむらさん
サイオステクノロジー まつばらさん
リグア まつばやしさん
国際航業 くらたさん

<ソリューション>
アイキューブドシステム ささきさん

<マーケティング>
EC Studio やまもとさん
住商情報システム よしださん

<サポート>
ベイテックシステムズ やはぎさん

素晴らしい! 自分も頑張らないと・・・。
posted by koyama at 17:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記