毎日走る社長のブログ 小山文彦(代表取締役)

走ることで解決力を高め、走ることで不安を解消し、走ることで自分に自信をつけたいと願う、ひよっこ社長のブログです。

2016年10月24日

もしグローバルSIMを体内に埋め込まれたら?

先週はビッグサイトで3日間のITpro EXPOがありました。私も最終日にようやく駆けつけることができ、自社で参加していたソラコムブースやその周辺を見て回りました。ソラコムの共同出展社はなんと22社。近くにあったAmazon Web Servicesブースと比べても圧倒的な企業数で、はっきりとしたIoT時代を感じさせる機会となりました。ソラコムがパートナー企業に対して広く窓口を開いており、機会平等にこだわっていることも人気の要因かもしれません。

KDDIと共同開発の新サービスの話題で盛り上がりましたが、これまでIoTデバイスといえば汎用的なものはWCDMAなものが多いとはいえ、国内有数のキャリアで複数の選択肢が出てくると、理想的な競争が保たれ、より一層リーズナブルな製品やサービスが生まれてくるのではないでしょうか。適切な競争の結果、既存のデバイスよりも極めて小さいものや、電池の持ちが圧倒的に改善されたもの、設置しても目立ちにくいものなどが登場し、いろんな意味でIoTデバイスが運用しやすくなっていくものと思います。

ソラコムブースの展示の中でも、地図好きの皆さんが一番注目したのは、「120を超える国と地域で利用可能」というポスターだと思います。現在、NTTドコモの国際ローミングで使える国と地域は、アラスカやハワイを別に数えて68となっています。他にもシンガポールのSingtelが出している世界71か国で使える月199ドルのデータ無制限SIMなどもありますが、きっとソラコム的なIoT価格で、さらに2倍近くのエリアに広がるわけですから、全く新しい製品やサービスを考えるきっかけになるのではないでしょうか。

14803324_10154172332440805_1608978106_o.jpg

・LTE国際ローミング _ サービス・機能 _ NTTドコモ
・Save with Monthly Roaming Plans _ Business _ Singtel

もしかすると、NoSIM化などで3G/LTEのGPS端末がすごく小さくなって、安全に体に埋め込めるようになって、体内から発生する微弱電流で半永久的に位置情報を追跡するということも可能になるかもしれません。もし悪い奴らにそんな端末を埋め込まれてしまったら、私たちはどこに逃げたらいいのでしょうか?「120を超える国と地域で利用可能」の地図を見る限り、日本から一番近い白抜きのエリアは、北朝鮮です。北朝鮮には飛行機の直行便がないので、普通行けません。かつては万景峰号という海路がありましたが、2006年から運航されていませんし、そもそも高度と速度がないと沿岸で3G/LTE電波をひろって見つかってしまいます。ビザがなければ入国できませんし、入国しても別の組織に監視されます。長く居続けることもできません。

次に近いのはフィリピン。国内空港まではなんとか電波を飛ばさないように工夫できれば、フィリピン航空、日本航空、全日空、デルタ航空、セブパシフィック航空、ジェットスター・ジャパンとたくさんの直行便が出ています。Skyscannerによると、本日一番安いのはフィリピン航空の41,722円。ほぼ同価格で1日4便あるようです。ただし、フィリピンが一番逃げやすいだけあって、バレやすいかもしれません。ビザなし滞在は30日間、うまくたどり着いたら次の脱出先を探しましょう。肌に合えば住み着いてもいいかもしれません。人口が1億人を超え、発展し続けるフィリピンが、いつまでソラコムの圏外でいられるかはわかりませんが。

続いて近いのはモンゴルです。モンゴルはMIATモンゴル航空がウランバートル直行便を運航しており、やはり30日間のビザなし滞在が可能です。1日1便14:10で70,051円のようです。まずはここから活路を求めてもいいかもしれませんが、冬は避けたいです。続いてラオス。残念ながらラオスには直行便がありません。ビザなし滞在は15日間。残念ながらマニラからの直行便もないので、たどり着くのは難しいでしょう。その他アジアでは、ブータン、ネパール、キルギス、パキスタン、アフガニスタン、イラン、サウジアラビア、UAE、オマーン、イエメン、シリアが圏外のように見えます。快適そうなのはドバイですが、経済面や物理的追跡の難易度を考えると、ドバイ経由でアフリカに逃げてというのが現実的な選択かもしれません。

世界中で使えるSIMとは、言い換えると逃げられないSIM。新製品にはぜひ埋め込みたいし、自分には絶対埋め込まれたくないものですね。とにかく登場が待ち遠しいです。
posted by koyama at 08:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック