毎日走る社長のブログ 小山文彦(代表取締役)

走ることで解決力を高め、走ることで不安を解消し、走ることで自分に自信をつけたいと願う、ひよっこ社長のブログです。

2015年10月29日

ソラコム革命が起こったので、こんな位置送信デバイスがほしい!

ソラコムをご存じでしょうか。今月本サービスを開始したモバイル通信回線のスタートアップで、コアメンバーがAWS出身、まさに通信回線のクラウド化を実現しようとしている企業およびサービスです。企業サイトを見てみると、会社名はソラコム、サービス名はSORACOMなんとかで統一されているようです。

どれくらいすごいかというと、通信SIMを提供するSORACOM Airでは、基本料金がたったの300円(30日使った場合)。加えて通信した分だけ従量料金がかかるのですが、IoT/M2Mにふさわしい価格設定で、アップロードが1MBで0.2円。つまり、位置情報を定期的にアップロードしたくらいでは、月額料金が300円ちょっとになるのです。契約期間の縛りもなく、たった1台から利用できます。

確保する通信帯域を小さくすれば、ダウンロードにかかる料金が安くなるようになっていて、s1.minimum、s1.slow、s1.standard、s1.fastと、どこかで見たような名称なのもわかりやすいかもしれません。もちろん、専用端末から位置情報を5秒に1回程度送信するくらいなら、s1.minimumで十分事足ります。自社の動態管理クラウドサービスであるugomekiを利用して、実装テストをしてみたので、その結果をご紹介します。

 1時間あたりの
Upload量
1時間あたりの
Download量
24時間利用時の
予想月額料金
8-20時のみ利用時の
予想月額料金
5秒間隔送信
(走行テスト)
105.4 KiB37.5 KiB331円316円
5秒間隔送信
(理論最大値)
119.5 KiB43.9 KiB335円319円
60秒間隔送信
(走行テスト)
9.8 KiB3.6 KiB303円302円
60秒間隔送信
(理論最大値)
10.0 KiB3.7 KiB303円302円

※位置情報の送信にはAtrack AX7を利用しました。1回の位置情報送信ごとに約160Bytes送って、約60Bytes受け取ります。スマートフォンアプリから送信する場合は、別のアプリやサービスが動き、通信量は増えると思われるので、それについては次回調査したいと思います。料金の算出は、ソラコム玉川さんに料金ルールを確認しつつも、自分で計算しました。今後実際の請求書を見て、精度を高めていきたいと思います。

ugomekiの利用料は1台月1,200円なので、車両の位置管理が合計月1,500円/台で始められることになります。100台だと、ugomekiのボリュームディスカウントにより合計月800円/台です。それだけのコストで、Google Mapsを使ってリアルタイムに状況把握ができるのです。ガソリン代に換算にすると、たったの6〜7L分です。リッター10kmだったら、60〜70km分です。コーヒーなら2杯分です。こんなに安くなっては、企業としてはデータを取って活用するしかないでしょう。他社に先駆けましょう。これまで動態管理システムの提案をするときは、総コストの8割程度が通信費だったので、これはIoT/M2M分野の革命というほかありません。まさにソラコム革命と言ってよいでしょう。

・動態管理システム ugomeki
スクリーンショット 2015-10-28 19.11.44.png

手軽なクラウドサービスもあって、SIMも安くなって、こうなってくるとふさわしい位置情報送信デバイスが欲しくなります。どんなデバイスがいいか考えてみましたので、ご紹介します。その分野の方は、ぜひ作ってください。

IMG_0081.JPG

1. USBドングル型の位置情報送信端末
最近の車にはUSBポートが増えてきたので、nano SIMが入れられるUSBドングル型の位置情報送信端末があると素敵です。GPSセンサーと、BLEが付いているといいですね。USBから電源が取れると、手軽で省スペースで大変ありがたいです。シガーソケットからUSB変換するのもいいですね。自動車用のFitBitみたいで楽しくなると思います。(自分のデータが活用できない通信カーナビっていったい何なのでしょう...。)

2. OBDII接続オプション
OBDII端末で、CAN情報が取れるといいですね。先ほどのUSBドングルにデータ送信するために、やはりBLEがあるといいです。スマホアプリにもデータ送れますし。USBポートも付いてるとなお良いです。USBドングルを親子で指すことができたら、USBポートが付いていない自動車でも、スマートに利用できます。

OBDII端末にGPSセンサーもSIMも入れたら、USBドングルは要らないのではと考えることもあると思うのですが、車種によってはOBDIIの場所が悪く、GPSセンサーの感度が悪くなるケースも多いので、期待し過ぎないほうがいいでしょう。また、OBDII端末は付けたままにするとバッテリーが上がりやすいので、この点でも注意が必要です。CAN情報が必要なければ、USBドングルで位置情報だけ取るのが安全です。

ちなみに、これがあるとSORACOM Airが国内の自動車台数分出るんじゃないかと思うので、ソラコムさんに作ってもらうのもいいかなーって思っています。それでは。
posted by koyama at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月17日

帰省 - 山口県周南市に5日間

お盆期間があけましたが、みなさんお休みは取れましたでしょうか。地方から出て来た人は、繁忙期とはいえこの時期に休みをとって故郷に帰った人も多いでしょう。私もその一人です。

私が生まれたところは、山口県の周南市というところで、上京する前は徳山市という名前だったのですが、例に漏れず平成の大合併によって、さらなる広域な自治体となりました。何かのときに本籍地住所を書くときに、なかなか書けなくて困ってました。(せっかちなので、勢いでぎょうにんべんを書いてしまう...)

瀬戸内工業地域の一角で、石油化学コンビナートに支えられて成長した街は、高校時代の見る影もなく、商店街はシャッター街となり、大手企業の支店は減少し、建物は総じて古くなりながらも、一部の個性的な店だけがなんとか頑張っているというような状況です。それもあってか、東京に出て20余年が過ぎ、そろそろ地元にも何かしていかなくてはと思えるようになりました。

どんなことができるかはわかりませんが、これから少しずつ考えていきたいと思います。山口県出身の方、もっと繋がって協力/協業しましょう。全国の15万人規模の都市の方々、小規模都市の確かな発展の方法をご教授いただけると幸いです。40歳を越えて少し経ちましたが、40代なりの地元愛を形にしていければと願っています。

posted by koyama at 15:24 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月19日

9期決算無事終了。10期目は...

ゴーガは創立当初は3月決算だったのですが、パートナーとして一緒に業務を進めていく企業に海外企業が多いこともあり、8期目から12月決算に変更しております。そのため、昨年12月で9期目が終了しました。派手な発表はありませんが、なんとか無事9期連続黒字ということで、しっかり納税することができました。

ゴーガは地図という誰もが使うものでありながら、ビジネスとしてはややニッチな市場を得意にして頑張っています。Google Maps APIの販売をしていることもあり、大手企業様との取引も多くさせていただいておりますが、やはり技術者として、地図ソリューションを構築したり、データ分析を行ったり、地図をベースにデータの可視化を行なったりというのが中心業務となっています。

10期目に入ってもこれは大きくは変わらないでしょう。ブレずに自分たちの特技を社会に活かし、お客様に対して誠実かつ意欲的に提案し、最終的にいくばくかの利益を出して納税する。この地に足の着いたスタイルを、しっかりと暖めていきたいと思います。もちろん新しい技術者を育てますし、少しずつ問題解決のリソースを増やしていきますので、着実に社会に対する役割をふくらませていきたいと思います。

スマートフォンが普及して数年が経ち、ほとんどの人が無料の地図アプリを毎日使っていると思われます。その中で、地図をビジネスの効率化に役立てたい、状況の把握に用いたいと考えるビジネスパーソンは増大しています。ゴーガができる役割も自然と増えていますが、自然増ではなく、もう一歩意欲的な成長を続けていきたいと考えています。

P.S.
本日42歳になりました。迷わず成長します!
posted by koyama at 14:39 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月28日

2014年のGOGAサイト人気ページ

ひょんなことからGoogle Analyticsのセミナーを受講することになり、久しぶりに自社サイトのレポートをしみじみと眺める機会がありました。その中で、自社の中でアクセス数の比較的多いページを確認しましたので、まとめておこうと思います。
※トップページやインデックスページは順位から除いています。パーセンテージはそれらを含んだ割合になります。

1. /solution/omisephoto.html (10.2%)
Google マップ インドアビューの案内ページです。旧ページで、今は indoorview.html というのが最新です。弊社では、インドアビュー事業を今年から専業関連会社のLife Style社に移管していますので、ご愛顧いただけると幸いです。創設1年めにして2014年の年次賞を獲得し、さっそくインドアビューのパートナーリストの最上位に表示されています。

2. /company/staff.html (6.34%)
スタッフ紹介ページです。イラストを掲載しているのが賛否両論です。さすがに10年経つと雰囲気も変わるので、イラストをリライトしています。ちょっとアニメっぽくなっているので、そのうち削除するかもしれません。ここで名前を見たスカウト会社から、やたらと電話がかかるのですが、そのまま繋いでしまうのが弊社の弱点です。

3. /company/data.html (4.69%)
企業概要と業務領域、地図を掲載したページです。地図はいつ頃からかトップページにも載せるようにしたので、以前よりはアクセス数が減っているのではないかと思います。そういえば資本金が変わっていることに、今気づいて修正しました。

4. /solution/mapsapi.html (3.84%)
弊社の主力商品のGoogle Maps API for Workの紹介ページです。公開ライセンス、非公開ライセンス、ユーザーライセンス、アセットトラッキングライセンス、Android用ライセンスなどが載っています。価格を公開していることが業界のタブーに触れたようで(いろいろ圧力を受けま)すが、自分が国内価格に影響している気がしている点で逆にやりがいがあります。

5. /recruit/datascientist.html (1.44%)
採用ページのアクセストップは、データサイエンティストの募集ページです。データ分析、可視化、地図ソリューションは切っても切れない関係なので、当社には非常に重要なポジションなのですが、プログラミングができなくてはビッグデータには触れないので、Excelを使ったことがあるとかそういう話ではないです。業界自体にかなり知見が溜まってきており、クラウドも進化していますので、エンジニアからのアプローチはやりやすくなっていると思います。

6. /company/philosophy.html (1.32%)
企業理念と社名の由来を記載しています。創業時はウェブマーケッティングを標榜していたのですが、最近はすっかり地図や位置情報、ロケーションなどが主要テーマになっているので、改修しそこねている代表的なページかもしれません。ただ、業務を支援するポリシーは変わっていません。おまけ情報ですが、弊社の会議室は、正、載、極という名前がついています。一度お立ち寄りください。

7. /company/experience.html (1.00%)
業務実績のページです。公開できる情報が公開サイトに集中することや、ここ数年更新をサボり気味なことから、単なるウェブ制作会社に見えてしまうところが微妙なコンテンツです。昨年末から隣のページで、導入事例インタビューを掲載しています。そうそうたる会社さんに登場していただいており、今後もご登場いただきますので、ぜひご覧ください。

8. /company/clients.html (0.92%)
弊社顧客紹介のページなのですが、すっかり忘れてました。ここまで更新していないのはまずいですね。今年中にアップデートしていきたいと思います。当然すべて載せるわけにはいかないので、その点はご容赦ください。10年やっているだけあって、さまざまな業界の最大手企業、最先端企業の方々とはお付き合いさせていただけるようになってきており、本当に感謝しています。

9. /company/news20140310.html (0.79%)
Google MapsのPartner of the Yearを受賞した内容のニュースリリースです。このときは本当に感動しました。パートナーイベントがサンフランシスコで開催され、何の前触れもなく、セッション中にノミネートが発表され、ステージに呼ばれました。グローバルでもノミネートされたのですが、そちらでの受賞はならなかったので、No.1に選んでいただいたアジアのほうをアピールしています。今年こそは...!

10. /company/news20140901.html (0.73%)
表参道 学生アプリコンテスト 2014のお知らせページです。そうそうたる審査員の皆さんに参加していただき、Apple Store 表参道で開催できたことが私にとって感慨深かったです。ただ、直前まで会場を発表できなかったこと、何かの新発売があると吹き飛ばされる可能性があったことは、ひやひやしました。受賞者たちの半数近くが春からR社に入社するらしいことも、ひとつの時代を感じました。今年もやりたいです。

次点. /solution/yolp.html (0.67%)
ヤフーデベロッパーネットワークの商用版である、YOLP地図APIの紹介ページです。少量から利用できる点で、結構人気があります。情報が国内だけなのが残念で、海外はOpen Street Mapのデータを載せるとかすれば、おそらく人気爆発するでしょう。OSMのメインサーバーは遅いので、ヤフーが代わりになると素晴らしいのですが。弊社では使える地図APIはフラットに紹介したいと思っていますので、お気軽にご相談ください。

以上となりました。面白かったので、来年も2015年分をまとめてみたいです。
posted by koyama at 15:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月21日

共創塾

今年の夏から、20-40代の経営者で集まり、共創塾という勉強会を開いています。EDIやデータベースで企業間取引をサポートする株式会社プラネットの玉生 弘昌会長を塾長に、若手の創業社長や、老舗企業の2〜5代目など、20名ほどの成長意欲のある社長や社長予備軍で集まっています。

3か月に1回というペースですが、3時間ほどかけて、みっちり勉強しています。まずは塾長やゲスト講師の講演を聞いて、その後自分たちの置かれている環境を踏まえて自主的かつ具体的に課題を取り上げ、どうすべきかを議論および検討しています。玉生会長は、流通問題研究会という流通業界の団体でも会長を努められ、多忙を極めていらっしゃいますが、後進の育成にも強く関心をもっておられ、今回塾長を引き受けていただいています。

第一回は、塾長から「社長の資質や責任感について」のお話をしていただき、どうあるべきか議論しました。第2回は「経営理念の重要性について」のお話を聞くとともに、企業運営の実例や、どれくらいの人員やコストをかけているかの基準についても共有しました。講演と議論にかける時間はだいたい半分半分です。テーマに沿って掘り下げて考えますが、もちろん自分自身の重要課題があれば、何でも聞くことができます。さまざまな企業規模や経験の社長がいることから、悩みに即答が得られることも私にとっては参考になっています。

昨日開催された、第三回はゲスト講師として新将命(あたらしまさみ)さんにご登壇いただきました。新さんは、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップなど、グローバル企業6社で、社長職を3社、副社長職を1社経験され、現在は国際ビジネスブレインの代表取締役社長でいらっしゃいます。経営の処方箋や、伝説の外資トップシリーズなどの著書でご存じの方も多いと思います。経験とシャレのふんだんに詰まった講演を、10名ほどのメンバーで間近に聞くことができるのは、なかなかない機会でしょう。

第4回は2015年2月26日(木)を予定しています。まだホームページはありませんが、現在20名ほどのメンバーがいます。もし興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。一度参加すれば、きっと成長や変化のきっかけになると思います。
posted by koyama at 10:42 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記